夫婦の離婚問題だけじゃない弁護士の実力は債務整理や事故にも発揮

MENU

整理をしよう

会社清算の処理は弁護士にお願いする

個人の債務者が借金を抱えすぎた場合には、その負債を法的に解決するために債務整理という手段を利用できます。 債務整理を利用すれば、債務者の債務は全て整理されて今後二度とその債務を支払う必要が無くなるのです。 実は、会社の経営に関しても同じような処理があります。 これを会社清算と言い、会社清算の手続きに入ると会社はそのまま解散し債務を返済する必要が無くなるのです。 特徴的なのは、清算の手続きにかかる費用が非常に小さくて済むことです。 平均的な相場であっても30万円程度で、一般的な企業や事務所ならば簡単に支払うことが出来ます。 全ての手続きは弁護士が代わりに行ってくれるため、相談するときには資料とお金だけを用意すれば十分です。

事業を無理に続ける必要はない

会社清算をする場合には、深刻な負債を抱えていることがほとんどです。 このような場合まで無理に事業を進める必要はありません。 会社清算は、個人の債務整理と異なって破産手続きをすることなく手続きを進めることが出来る点にメリットがあります。 会社の手続きの中でも破産の手続きは存在しますが、そこまでいかない負債の場合ならば破産手続きの方が簡易的で処理しやすいのです。 実質的な倒産の手続きになりますが、破産をしたわけではないので破産の時のような法的な制限はその後に受けません。 会社の解散の許可を得ることが出来れば比較的関係者とも円満に関係を終了させることが出来るため便利です。 何より、費用が安いので利用しやすいメリットは見逃せません。