特化した專門 | 夫婦の離婚問題だけじゃない弁護士の実力は債務整理や事故にも発揮

夫婦の離婚問題だけじゃない弁護士の実力は債務整理や事故にも発揮

MENU

特化した專門

弁護士の中には、商法や会社法に強い専門家がいます。このような弁護士は、会社破産に伴う法的な手続きや事業承継などに精通しており、経営者の良き相談相手になってくれます。 商法や会社法に精通している弁護士をお得に利用するには、顧問契約を締結しておくと、月々わずかな顧問料を支払うだけで、いつでも法律相談に乗ってもらえます。いざという時には法律の専門知識を活かして、会社の存続と発展のために尽力してくれます。 弁護士の顧問契約の内容や料金等については、法律事務所のホームページに詳しく記載しています。ホームページには、弁護士のこれまでの経歴なども掲載しています。メールで相談ができる法律事務所もありますので、気軽になんでも相談することができます。

会社破産に伴う法的手続きは、弁護士に頼むと適切に会社破産の手続きをしてもらうことができます。弁護士に会社破産の法的手続きを依頼する時に必要な費用は、負債金額や債権者数によって違いがあります。 債権者の数が25人以下の場合、弁護士に支払う平均的な費用は50万円程度になります。着手金の相場は約20パーセントですので、10万円程度の着手金が必要になります。残りは会社破産の手続きの終了後に支払うケースが多いです。 弁護士に支払う費用は、分割払いにすることも可能です。お金がどうしても用意できない時は、法的扶助制度を利用することができます。多くの法律事務所は、報酬については柔軟に対応をしてくれますので、まずは相談してみることが大切です。