夫婦の離婚問題だけじゃない弁護士の実力は債務整理や事故にも発揮

MENU

サポートを受ける

離婚相談サービスを利用する場合には

離婚問題で悩んでいる場合には、法律の専門家のサポートを受けるようにするのが得策です。よく浮気をした夫が愛人の元へ出奔し、家に生活費を入れなくなってしまうケースがあります。妻も仕事を持っているような場合であればまだ何とかなりますが、結婚以来専業主婦だった人がそのような状況に置かれてしまうと、たちまち生活に困窮してしまうことになります。特に、まだ幼い子供を抱えているような場合には、大変なことになってしまいます。そんな時には、離婚問題を専門に取り扱っている弁護士に相談してみるのが一番です。たとえ別居していたとしても、夫婦には相互扶助義務がありますので、夫から生活費を受け取ることができます。離婚問題に詳しい弁護士の心当たりが全くないという人は、地元にある弁護士会や法テラスに相談すれば、良い弁護士を紹介してもらうことができます。

弁護士を利用した際にかかる費用について

一般的に弁護士の法律相談を利用した場合には、30分につき5000円プラス消費税の相談料がかかるようになっているケースが多いです。人気が高い売れっ子弁護士の相談料はもっと高額になっていますが、平均的な金額は30分あたり5000円前後です。しかし、現実的なことを考えると、30分では何も話すことなどできません。特に離婚問題の場合は、プライバシーに関わるデリケートな内容の相談になりますので、あっという間に2〜3万円が飛んでいくことになります。話を聞いてもらうだけでそんなに高額の料金がかかるのでは、弁護士を利用することなどできないと考える人が少なくありません。しかし、よく探してみると、初回の離婚相談を無料としている法律事務所が存在していますので、そのような事務所を探して利用してみることをおすすめします。