夫婦の離婚問題だけじゃない弁護士の実力は債務整理や事故にも発揮

MENU

弁護士に代行

弁護士に相談をしよう

夫婦関係を解消するための行動である離婚を行うにあたっては、いわゆる円満離婚が行なわれるケースは非常に少ないものと言うことができるでしょう。夫婦のどちらか一方がもう一方に対して、あるいは双方が憎みあい、いがみ合う様な関係になってしまい、その関係性が修復できないほどに拗れてしまった結果として行なわれるケースが多くなっているのが、離婚であるためです。この夫婦関係を拗らせる要因の筆頭として挙げることができるのが、夫婦の一方が浮気や不倫といった不貞行為を行い、それがもう一方にばれるといったものです。こういったケースで離婚をするにあたっては、明らかに不貞を働いたほうに非があるため、慰謝料の請求が可能となっています。この慰謝料の請求にあたって必要な行程を代行してもらうため、また少しでも金額を釣り上げるために利用したいのが弁護士です。

離婚に当たっての慰謝料の支払い

一時期は成田離婚などといった言葉が流行しましたが、近年のトレンドとしては、晩年離婚といった物を挙げることができます。子育てを終え、仕事の定年を迎えた夫婦水入らずの時間を過ごすことに耐えられないといった理由から、60代を越えた年齢で離婚を行なう夫婦の数が増加傾向にあるのです。こういった行動を行なうにあたっては、先に挙げた不倫関係などが発生した際に行なう離婚と比べて、慰謝料の請求が行なえなかったリ、できても少額になるケースが多い点には注意が必要です。そのため、十分な慰謝料を取ることができなくても、しっかいと老後の生活を送るための年金を受け取るための条件を確かめるといった理由から、やはり弁護士に相談をするのがオススメとなっています。複雑な法律を噛み砕いて説明してもらうことができ、またサポートをして貰うことができるためです。